オディロン・ルドン

オディロン・ルドンの蜘蛛 蜘蛛の癖にサルのような顔をして笑っている

オディロン・ルドン展に行ってきた。

黒の世界を描いていた時期から色彩ある絵に変容していき、その時期の中の作品でも花の絵がとても好きで、一度実際に見てみたいと思っていた。
今回その願いが叶いとても嬉しかった。

一見すると奔放的、
でもどこか繊細で色使いに魅了されてしまう。

最近制作をしてると自身が自分の中に入り込んでいて、気づいた時には本来の自分が掴めないような、どこか浮いてるような。

無意識を意識的に変えていかないといけないのかもしれない。

Share on facebook
Share on twitter

Pick Up 記事一覧